toggle
上海で日本人向けの賃貸物件をお探しなら実績多数のサッチアズへ!
2018-09-05

上海でお一人様の部屋探し。どうやったら一番安く借りれるかを書きますよ!

こんにちは。サッチアズ管理人です。皆さんもこれまでに上海の家賃は高すぎるなあ…とお感じになられたことはないでしょうか?

私は雇われではありませんので、家賃の値上がりは生活に直結するので本当困ります。会社勤めの方は住宅補助(手当)等で会社が出してくれるパターンが多いでしょうけど、一応規定で幾らまで!それ以上は手出し!とかの会社もあると思いますので、やはり借りるのは1元でも安いほうが良いですね。

上海の部屋を、一元でも安く借りるにはどうしたら良いか?というお話をしていきますね。

個人個人のケースは置いておいて(出来る出来ないは別)、
とにかく上海の家賃を出来るだけ安く抑えるには、というお話をしてみます。

当たり前だがルームシェアが一番安い!

いや、一番安いのは居候です。。。その次に安いのがルームシェア

そうです。学生さんや上海で働き始めたばかりの方は給料や家賃保障も少なく、家賃や物価の高い上海では生活が家賃負けしてしまいます。

そこで先ずやれることとして2LDK以上のお部屋でルームシェアをやっている所を探して入ることです。上海に来ている外地の中国人や学生でも結構ルームシェアしていますね。

※ご家族連れの方のお話は次回までお待ちくださいね。

家賃が安いのは6階建ての6階、エレベーターなし!

ルームシェアでも1DKの一人暮らしでも家賃が安い傾向にあるのは、このようなエレベーターなしの物件です。6階までの建物なら建築基準がエレベーターなしでも作れるので、このような物件の5階や6階なら割安な物件にであることもあります。
※これはあくまで独り身が条件ですよ!

いわゆるこういう小区の中にある団地のような物件ですね。これらは私が来た2010年では2000元(32000円)位からでもありました。しかししかし、それは遠い昔の…8年も前の家賃です。。。

8年で家賃は何倍になったのでしょうか??

地区にもよります。こんなおんぼろな小区の2000元だったお部屋は8年たった今、6500元(約10万円)になっていました。3倍以上ですね。

この価格差はまだ全然いいほうかもしれません。

そして出来るだけ遠方に住むこと。

これは日本でも一緒ですので多くは書きませんが、地下鉄の終点や駅から離れると意外と安い物件もあります。独り身で子供の事を考える必要がなければ離れたほうが家賃はお安くなります。

そして最後、

可能であれば大家と発票なしの家賃を交渉!

発票(税務署に出すもの)を発行せずに大家は部屋を貸すこともできます。ただ会社が部屋代を払ってくれる場合など、経費扱いにする場合は必ず発票がいります。

学生などはもし発票が必要がなければ発票はいらないから〇〇〇元安くしてくれ。
というのは可能だと思います。

今回は学生、単身、現地採用の初期の方のために安くお部屋を借りる方法について書いてみました。参考になれば幸いです。

このシリーズ②に、
上海で1元でも安く部屋を借りる方法②不動産屋は嘘をついてる??を書いてます。
こちらもご覧ください。

【PR】管理人もやっているFX↓

 【PR】中国ATMで引き落とせるセゾン系プリペイドカード

【PR】日本で不要な荷物を収納するコンテナ↓



上海の虹橋・古北・天山などの賃貸物件の仲介を受け付けております。ご多忙な方や遠方から上海に引っ越して来られる方にはWeChatやLINEにて物件情報をお送りします。

日系大手と同じアフターサービスをモットーにしています。

suchas(サッチアズ)不動産
上海市虹橋路1702号(水城路口)
TEL: 13148148710 (日本語専用)
suchas@room-shanghai.com

suchas日本部は、上海に駐在する日本人の方のための不動産屋です。日本人が一番多く住む虹橋・古北・天山エリアの賃貸を専門に、皆様の安全な生活をサポートしています。住まいの困り事、大家との攻めの交渉、お任せください。 ご相談はお電話・メール・wechatにて承っております。

シェアする
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

電話でサッチアズに相談する