toggle
上海で日本人向けの賃貸物件をお探しなら実績多数のサッチアズへ!
2018-08-22

私の引越しの履歴書。私はこうして上海の部屋を決めた!①間借り編

 

 

上海で生活して早8年が過ぎたSuchas管理人です。

今回は私の上海での引越し歴について書いてみますね。

始まりは上海万博の年。2010年。

(もう少し前から行ったり来たりはしてましたが)

単身だった当初は、知り合いの部屋の一部屋の間借りから始まりました。
1ヶ月の間だけ、部屋を現地の不動産屋で探すまで、という期間限定で借りた友人の部屋は3LDK、その中の6畳位の一部屋を間借りしました。

まあ、シャワーがあって寝れたら良かったのです。

 

最初の1ヶ月間はといえば、外国で仕事をスタートアップさせながら、生活にも慣れながら、部屋も探しながら…と今思えば、どんな生活してたんだろう、と改めて感じています。

これが失敗したらどうしよう〜…

と考える暇もなく必死でした。

いわゆる最初のスタートアップは、
「負けられない闘い」というヤツです。

 

 

そんなこんなで忙しい中でも、スタートアップした仕事場から近い場所やバス路線を確かめながら、その辺りにあるローカルの不動産屋の窓に貼ってある家賃の表をジロジロ見てみます。

そうしてると、中から不動産屋の兄ちゃんが大体出てくるので、相性が良さげなら中に入って話を聞いてみる→出る→他を探す、を繰り返していました。

当時はまだwechatなどsnsはなく、連絡手段は電話かショートメール。毎度のように「携帯電話の番号を教えろ!」と色んな不動産屋の兄ちゃんから言われます。

教えたら毎日のようにメッセージが来るようになり、暫くは不動産屋からのメッセージしかこない、という寂しい状態が続く私…

 

そして、数件回って見た中で、価格的にお安くコスパが良さげな1LDKを見つけました。

おー!やっと始まる上海での一人暮らし!!

この1LDKから始まるのだ!

っとテンションは上がりっぱなし。
しかし、
この1人で探し当てたこの物件に

その後、あれほど大変な思いをさせられることになるとは

当時はは思いもしませんでした………

この私の引越し歴については長くなるので、

数回に分けて書いていきますね!

ひとまず、私の上海での不動産屋との出会いは、こんな感じで始まりました。

そして、私Suchas管理人は、この8年の間に、色んな不動産屋の兄ちゃんと知り合いになり、8年間で8回の引越しをすることになります。。。

 

上の写真は浦東ケリーホテルの一室から世紀公園を見ています。奥にテレビ塔などが見えますね。

人気の私の引越しの履歴書シリーズ!

①私はこうして上海の部屋を決めた~間借り編
②私はこうして上海の部屋を決めた~1LDK匂いが酷いよ編
③私はこうして上海の部屋を決めた~押金を取り戻せ編
④私はこうして上海の部屋を決めた~バスタブのある生活
⑤私はこうして上海の部屋を決めた~ホテル式マンション編

【PR】管理人もやっているFX↓

 【PR】中国ATMで引き落とせるセゾン系プリペイドカード


上海の虹橋・古北・天山などの賃貸物件の仲介を受け付けております。ご多忙な方や遠方から上海に引っ越して来られる方にはWeChatやLINEにて物件情報をお送りします。

日系大手と同じアフターサービスをモットーにしています。

suchas(サッチアズ)不動産
上海市虹橋路1702号(水城路口)
TEL: 13148148710 (日本語専用)
suchas@room-shanghai.com

suchas日本部は、上海に駐在する日本人の方のための不動産屋です。日本人が一番多く住む虹橋・古北・天山エリアの賃貸を専門に、皆様の安全な生活をサポートしています。住まいの困り事、大家との攻めの交渉、お任せください。 ご相談はお電話・メール・wechatにて承っております。

シェアする
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

電話でサッチアズに相談する